スポンサードサーチ

前回の続きです。

京成バラ園に行って、気になるバラの写真を撮ってきました。

では、行ってみましょう!

 

バイランド

発表年は2008年でドイツ産です。

 

アプリコットがかった可愛らしいピンクの花です。

花は小ぶりのカップ咲きなんですが、房咲きで花つきがハンパない。笑

 

一房に10輪くらい花がついてます。

 

ブーケみたい。笑

 

寒さや病気にも強く、四季咲きで秋も良く咲くそうです。

公園や道路にも適してるっていうくらいだから、相当強い品種ですね。

ちなみに香りはほとんどありませんでした。

木もそんなに大きくならなそうなので、狭い庭でも大丈夫そう。

 

ロートケプヘン

2007年 ドイツ

 

深紅の中輪バラで、カップ状のロゼット咲き。

花の名前は「赤ずきん」の原題のドイツ語だそうです。

 

ひと房に5輪くらいかな。

花弁数も多いし、これだけで花束になっちゃいますね。

 

まだまだこれからって感じ。遅咲きみたいですね。

病気に強く、花つき花もちも良いそうです。

やはり赤いバラって良いですね!

でも香りはあまりしなかったな~。

 

ブリリアント ピンク アイスバーグ

1995年 オーストラリア

 

純白の銘花「アイスバーグ」の枝変わりだそうです。

 

しかし、花つきがハンパないな。笑

 

花弁もただのピンクじゃないんですよね。

中心は白で、外に向かってピンクになっていきます。

 

アイスバーグは清楚って感じですが、こちらは可愛いって感じかな。

華やかで良いですね!

 

 

病気に強く、花つきも良く、春から秋まで咲き続けるそうですが、、
個人的にはひら咲きよりもカップ咲きが好きかも。

ちなみに香りはあまりなかったです。

 

クリスティアーナ

2013年 ドイツ

 

2013年だって。新作も新作ですよ!笑

 

この何とも言えない花色がたまりませんな。

咲き方も上品な感じ。笑

 

内側が淡いピンクで外側が白く、房咲きでゆっくり開花するそうです。

 

そろそろ花も終わりって感じですね。

繰り返し咲きなので、ポロポロと咲いてくのかな。

 

強香というだけあって、さわやかな良い香りがしました。

やっぱり、香りが強い花はいいなぁ。

新しい品種なので、やはり病気には強いようです。

 

フロレンティーナ

2011年 ドイツ

 

これも新しい品種ですね。

つるバラで2.5mくらい伸びるそうです。

 

今までの赤花のつるばらは何かしら欠点があったようですが、
フロレンティーナはほぼ欠点がないそうですよ。

花色と葉の色の相性も最高ですね。

 

 

ほんと、バラって感じの見事な花色でした。

まさに、エレガントってかんじ。笑

ただ、香りはほとんどしませんでしたね~。

ちょっと残念。

 

見事なアーチ

 

お疲れ様です。

 

京成バラ園のシンボル!?「愛のガゼボ」だそうです。笑

ガゼボの周りは純白のバラで覆いつくされていました。

 

セプタード アイル

1997年 イギリス

 

淡いピンクのカップ咲きの花。

香りも良かったです。

四季咲きで病気にも強いみたい。

スポンサードサーチ

 

花つき花もちも良さそうですね。

シュートもグングン伸びそうなので、フェンス向きかな。

 

ジェフ ハミルトン

1997年 イギリス

 

中大輪のカップ咲き

落ち着いた淡いピンクの花です

 

咲き始めはキレイなピンクなんですね!

徐々に外側が白っぽくなっていく感じかな。

このパターン好きだなぁ。笑

ちなみに香りも良かったですよ。

 

トゲが少なそう。

扱いやすそうで良いなぁ。

 

セント セシリア

1987年 イギリス

 

きれいな淡いピンクの花

 

大輪のカップ咲きです。

 

香りも強く、近づくと良い香りがしました。

 

ボレロ

2004年 フランス

 

純白の花でロゼット咲きの大輪

 

近づくと爽やかですごーく良い香りがしました。

 

樹形もコンパクトなので花壇や鉢植え向きですね。

病気に強く、四季咲きで超強香か、、、

ほ、欲しい、、、笑

 

ディスに―ランド ローズ

2003年 アメリカ

 

濃いピンク、薄いピンク、オレンジと華やかな色彩に心奪われます。笑

 

開花が進むにつれて、オレンジの花弁にピンクが表れてくるそうです。

 

オレンジが入ることによって、ポップで楽しい雰囲気になりますね!

ただ病気に弱いみたいなので、手が掛かるかも。

香りもほとんど無かったなぁ。

 

「ベルばら」のテラス

ベルサイユのばらのキャラクター名が花の名前なんですね~!

 

 

というわけで、
今回は気になるバラだけを見て、サクッと出ました。

そして、目当てのバラを買いにガーデンセンターへ。

 

じゃーん

今回は クリスティアーナ を購入しました^^

 

「カップ咲きの花は、房になってゆっくりと開花し、
うどん粉病、黒点病に強く、香りも素晴らしい。」

と説明にも書いてあります。

 

買ってきました。

 

前にD2で買ったバラ・果樹の培養土を使います。

 

とりあえず、空いてる鉢に植え替えました。

元気に育てよ~^^

 

やっぱりネットで調べて買うよりも、実際に花を見られるのは良いですね!

ボレロも良かったな~。そのうち買っちゃうだろうな。笑

庭のレイアウトやプランをちゃんと考えよーっと。

スポンサードサーチ