スポンサードサーチ

 

仕事で浜松町へ行く機会があり、東京都港区の増上寺大門近くにあるとんかつの名店「のもと家」でランチしてきました。

のもと家は食べログで2017~2019年の3年連続でとんかつ百名店に選出される人気店で、行きたいお店の一つだったんですよね。

というわけで仕事はほどほどにオープン時間の11時半に合わせて行ってきました。笑

 

のもと家の場所や店内の雰囲気など

 

お店は芝大門の交差点近くにあるんですが、雑居ビルの2階にあるのでちょっと分かりにくいかもしれません。

私もお店が2階にあるという事を知らずに右往左往してやっとたどり着きました。

 

 

駅だと都営浅草線、都営大江戸線「大門駅」が一番近いんじゃないかな。

大門駅のA3出口からだと2~3分くらいだと思います。

 

私は浜松町駅付近で仕事だったので浜松町から歩いて行きました。

ちなみに浜松町からだと徒歩7~8分といった感じでしたね。

あと都営三田線の芝公園駅からでも5分くらいだと思います。

 

芝大門の交差点に「ます家」という飲み屋さんがあって、その隣のビルの2階が「のもと家」になります。

同ビルにある1階のインド料理店とB1階のラーメン屋さんが目立ってるので、お店の場所がちょっと分かりづらかったです。

 

ラーメン屋さんの隣にある狭い階段を上ると2階にお店がありました。

お店に到着したのが11時25分くらいだったんですが、オープンが11時30分なので少し待つかな~と思ってたら既に開いてたんですよ。

 

お店に入ると先客は3組ほどで、まだテーブル席もガラガラのようですね。

手前のテーブル席へ座り、周りを見渡すとテーブル席が16席くらいでカウンター席が5席だったかな。

テーブル席は隣との間隔が狭いので、ちょっと窮屈に感じました。

 

ちょっと張り切り過ぎたかな~なんて思ってたら、その後にバタバタとお客さんが来店してオープン時間の11時30分には満席に!

たった5分の出来事だったんですが、やはり凄い人気なんですね~

油断せずにオープン前に行っといて良かった。

というわけで、平日でもオープンちょっと前に行くことをオススメします。

 

のもと家のランチメニューと鹿児島産六白黒豚とは

 

ではランチメニューを見てみましょう

テーブルのメニューは注文と共に下げられてしまったので店頭にあったメニューなんですけどね。笑

大きく分けると特選のとんかつと国産豚のとんかつって感じかな。

 

おすすめは特選ロースかつの120gと160gだそうです。

金額はそれぞれ1,950円と2,300円になります。

特選というのが「六白黒豚」という鹿児島産の最高級黒豚を使用しているそうで、ランチメニューとはいえなかなかの金額ですよね。

 

平日の昼のみ国産豚のロースかつ1,300円というリーズナブルなとんかつも用意されているようですが・・・

しょっちゅう来られるなら食べ比べも良いですけど、めったに来られないですからね。

ここはちょっと高いなと思いつつも、やはり特選の六白黒豚を食べてみたいなと。

 

あとはどの定食にするか・・・

やはり脂身が甘くて旨いという事なのでロースですよね。

一日限定八食「特選厚切りロースかつ定食」に心惹かれますが、今日のコンディションだと240gはちょっと多いんだよなぁ・・

というわけで、おすすめの「特選ロースかつ定食160g」に決定しました!

 

で、待ってる間にその六白黒豚ってのは何なのか調べてみたんですよ。

六白というのは体の6か所が白い黒豚だからそう呼ばれているようですね。

ちなみに4本の足と鼻先としっぽの6か所が白いとのこと。

スポンサードサーチ

 

サツマイモを資料として育てられ、アミノ酸の含有量が多く柔らかくきめ細かい肉質は歯切れもよく旨味もたっぷりなんだとか。

脂の融ける温度が高いので、べたつかずにサッパリとしていて赤身と同じような食感が楽しめ脂身にも十分な旨みがあるそうです。

あとは「歩く野菜」だの「黒いダイヤモンド」なんて記述もありました。

 

と、待ってる間にどんどんハードルが上がってますが大丈夫でしょうか。

とりあえずこれ以上調べるのはやめておきましょう。

 

初めての茎わさびと鹿児島醤油で頂くロースかつに大満足!

 

15分ほどで注文したとんかつが到着しました。

特選ロースかつ定食160g 2,300円

これは完璧な布陣・・・全くスキが見当たりませんね。笑

見ただけでもう美味しいやつ。

 

見るからにフワサクな衣に覆われたロースかつの断面から肉汁があふれ出てますね。

六白黒豚の特徴の一つとして保水性の高い肉質でジューシーと書いてありましたが、ほんとその通りでした。

 

これは早く準備しなくてはという事で、とりあえず藻塩と鹿児島醤油をスタンバイ

まずは何もつけないで食べてみたんですが、これがめちゃくちゃ旨い!

たしかに脂が甘く赤身もサッパリしながらも旨味が凝縮されていて、これならいくらでも食べられそうです。

赤身はきめ細かくほど良い噛み応えがあるのも良いですね。

藻塩をつけるとメリハリがついて、さらに肉の旨味と甘みを感じることができます。

 

そしてオススメの食べ方である茎わさび&鹿児島醤油の組み合わせが最高でした。

辛すぎず良い風味の茎わさびに少し甘めの鹿児島醤油はこのロースかつにピッタリなんですよ。

醤油をつけることによって脂っぽさが消されてしまうので、これならいくらでも食べられそうな気がします。

いやー、しかしトンカツにわさび醤油も合いますね。

新しい発見が出来て良かったです。

 

すりごまに入れたソースも最高でした!

ソースをつけちゃうと良い肉がもったいないんじゃないかと思って迷いましたが、やはり一通り食べたいですからね。

でも心配をよそにソースに負けることなく、さらに肉の旨さも際立ってました。

さすが六白黒豚ですね。調味料ごときに負けることはないようです。

 

そして豚汁がまた美味かった。

具だくさんでこれだけでも食べ応えがありました。

 

というわけで、さすが百名店といった感じでどれも最高でしたね。

最初はいくらでも食べられそうな雰囲気だったので240gの厚切りにすれば良かったかなと思いましたが、今日のところはやはり160gで正解でした。

240gを攻略するにはもう少し腹を空かせて行った方が良さそうですね。

というわけで、次に行く機会があればぜひ体調を万全にして240gの厚切りに挑戦したいと思います。

 

ちょっと席が窮屈なのが難点ですが、これはまあ仕方ないですね。

そういうこともあってか「未就学のお子様連れはお断りします」と書いてあったので、小さいお子様連れの場合は注意してください。

 

のもと家

■住所 東京都港区芝公園2-3-7 玉川ビル 2F

■電話 03-6809-1529

■営業時間

平日 昼11:30~14:30(L.O.14:00)
夜17:30~20:30(L.O.20:00)

土曜 11:30~14:30(L.O.14:00)

定休日 日曜・祝日

スポンサードサーチ