スポンサードサーチ

 

ついにハイビームもLED化しました!

ポジションランプ、コーナーランプと来たら、、、やはり次はハイビームでしょ。

 

でもハイビームのバルブって、他のバルブと比べてちょっと高いんですよね。。。

なので、ちょっと躊躇してたんですよ。笑

 

が、やはり明るいほうが安全ですからね!絶対。

・・・というわけで、上手く自分を説得することも出来たので買っちゃいました。笑

 

ハイビームをLED化するならオートフラッグス!?

 

AUTO FLAGS HB3 カプラーオン CREE XM-L2

 

と紹介したいところだったんですが、、、

 

いろいろ調べて、これが良いかな~って買ったんですが、、、

 

もう新製品が出てました。笑

 

いきなり廃版って、、、

 

しかも値段も同じって、、、

 

どんまい。

 

まぁ、こんなこともありますよね!

 

では取付方法に移りましょう。

 

と、バルブを購入する前に、、、コチラの記事もご一読ください

【デリカD5】ハイビームのLEDバルブ選びはココに注意!取付け可能なバルブの寸法を測ってみた

 

ハイビームバルブの交換方法

 

これが例の、買ったとたんに廃版になったブツです。笑

 

AUTO FLAGS HB3 カプラーオン CREE XM-L2

 

なんだかんだ言ってもネットで検索するとレビューが結構出てくるので、良い商品なんだとは思いますけどね。

 

付属品の黄色いセロファンを貼ると3000K、なにも貼らない状態が6500K、青いセロファンを貼ると10000Kになるそうです。

 

おしりがずいぶん大きいですが、昔に比べるだいぶ小さくなったそうです。

この大きさだとギリで収まるようですね。

そう考えると新製品はずいぶんシンプルになったもんだ。

 

では交換してみましょう

スポンサードサーチ

 

まずボンネットを開けてヘッドライトの裏側をのぞくとこんな感じになってます。

デリカのバルブ交換はどれも簡単なんですが、ハイビームは一番上にあるので一番やりやすい位置なんですよ。

この一番大きいフタを時計と反対方向に少し回して外します。

 

開けるとバルブが出てきます。

フタがデカいので、外すのに少し力がいるかも。

 

さらにバルブを時計と反対方向に少し回すと、、、

 

簡単に外れます

あとはバルブからコネクターを抜いて交換するだけ

 

LEDバルブのコネクターを接続して、、、

 

位置を合わせてはめ込みます

 

バルブを入れました

配線とコネクターは空いているスペースに押し込みましょう。

 

フタを戻せば作業終了。

 

外側から見るとこんな感じ

 

点灯してみました

こうして写真で見るとロービームと色合いがさほど変わらなく見えますが、実際には結構違うんですよ。

ロービームはたしか4300Kだか4600Kとかなので、そりゃ違いますよね。

というわけで、近いうちにロービームのバーナーを6500Kくらいのバルブに交換したいと思います。笑

 

まとめ

 

バルブ交換は簡単なので特に問題ないと思いますが、、、

やはりバルブ選びが悩みどころですよね!

 

安いものだと3,000円くらいから高いものだと10,000円くらいありますから。

 

ハイビームを日常的に使わない環境だったら、まずは安いものを試すのも良いかもしれません。

 

ただ、安かろう悪かろうという商品も少なからずありますので、気を付けたいところです。

 

交換したけど前より暗くなったとか、配光が上手くとれなくて対向車に迷惑をかけるなんてことにもなりかねないですから。

 

ポジションライトやコーナーライトだったら何でも良いと思いますけどね。

ロービームやハイビームのバルブはちゃんとしたものを選びましょう。

 

スポンサードサーチ