スポンサードサーチ

 

ついにケンウッドのドラレコ(DRV-610)を買っちゃいました~!

しかしドラレコって、いざ買おうと思っても種類が沢山あって何を買うか迷いますよね。

種類が多すぎるんだよな。。。

 

今までもいろいろと検討するのが面倒でついつい先送りしちゃってたんですよ・・・

で、今回は面倒ながらも色々と検討した結果、ケンウッドのDRV-610を購入しました。

あと長時間録画したかったので、SDカードもどれが良いんだろ?って色々と調べたんですが、

 

オススメのSDカードはコレですね!

サンディスクの輸入品なんですが、64GBと高容量ながら安いので、これがベストなんじゃないかなと思います。(128GBは高すぎるので)

※本体に16GBのSDカードが付属しているので、長時間録画しない方は買わなくて大丈夫です!

 

ウェアラブルカメラはドラレコの代わりにならない?

 

そもそも私の場合、ドラレコ導入の理由が万が一の事故の時にというよりは、ドライブや旅行の時の動画を残したいって目的なんですよね。

なので、最初はドラレコじゃなくてウェアラブルカメラを購入したんですよ。

 

ちなみに購入したのはコレ

8,400円位でドライブレコーダーとして使用可能って書いてあったので、試しに使ってみようかなと。

ドラレコはそれにしか使えないけど、ウェアラブルカメラは外して色々と使えますからね!

 

ただ、実際に使ってみるとドラレコとして使うには付けたり取ったりするのも面倒だし、使い続けた時の耐久性に疑問があったので、やはりちゃんとしたドラレコを買おうかなって思ったんですよね。

何がダメかというと、

 

・内臓バッテリーが30分ほどしか持たない

・日差しの強いときにヤバいくらい本体が過熱する(夏季)

 

という問題が実際に使ってみたら出てきました。

 

内臓バッテリーが持たないというのはモバイルバッテリーを接続することでクリアできました(いちいちバッテリーを付けるのも面倒ですが・・・)

 

本体の過熱については、日差しの強い日は触れないくらい熱くなっちゃって、液晶に映像が映らなくなっちゃったんですよ(冷ましたら直りました)

これじゃドラレコとしては使えないなーと思い、使用するのは諦めました。

まぁ、いきなり壊れなくて良かったですw

 

KENWOOD DRV-610に決めたわけ

 

というわけで、ついに KENWOOD DRV-610 を買っちゃいました!

 

ちなみに右側に写っているSDXCカードは付属品ではありませんよ!笑

別途4,180円で購入したSDXCカードです。

 

なぜDRV-610にしたかというと、決め手は『高画質』『長時間録画』の2点ですね!

そもそもドライブや旅行時の記録というか思い出というか、そういうのを残したかったので、この2点は重要なポイントだったんです。

高画質に関しては、今売っているそこそこの値段の物はほぼクリアできていると思いますが、長時間録画できるドラレコって意外に少ないんですよね。

 

長時間録画できる=容量の多いメディアに対応している

ってことなんですが、最大128GBのSDXCカードに対応しているドラレコはほぼ無いんじゃないかな。

 

ほとんどのドラレコの対応SDカードが「~32GBまで」でしたね。

というわけで、なぜ DRV-610 を選んだかというよりは、これしか選択肢が無かっただけなんですよ。

 

あと、駐車監視をしたいという方は長時間録画できないと意味ないので、おのずとDRV-610になっちゃうんじゃないでしょうか。

まぁ、画質を落とせば長時間撮れるんで、駐車監視だったら32GBでも良いのかもしれませんけど。

 

メディアの容量に対する録画時間がちょうどパッケージの裏面に書いてありました!

こういう情報って探すとなかなか出てこないんだよな。笑

仕様も書いてありますね!分かり易いかも。

 

あと、購入する際にちょっと気がかりだったのは、私が購入したのは2017年の8月10日位だったので、DRV-610がリリースされてから1年位経つんですよ。

ということは、そろそろ新製品が出てもおかしくないので、本音を言うと新製品が出るまで待つか他の製品にしたかったんですけどね~。

 

月末に旅行に行く予定もあるし、出来ればお盆休みに取付したいし、、、

というわけで、待ちきれずに買っちゃっいました!笑

 

今回購入したのがコチラ

 

 

・ドラレコ本体 KENWOOD DRV-610

・64GB SDXCカード

・電源ソケット

・ミニ平型ヒューズ電源

 

ドラレコの値段って、けっこう変動してるの!?

 

あと、気をつけていただきたいのはドラレコ本体の値段ですね。

これがまた調べてみるとけっこう変動してるんですよ。

なので購入するタイミングに気をつけてください。

(価格コムとか見れば何となく今が高いのか安いのか分かると思います)

 

特にイベントが多い時期に高くなる傾向にあるような気がします。

例えば、ゴールデンウイークとかの行楽シーズンだったり、車で出かけたくなるような時期になると品薄になって少し高くなるって感じかな。

 

ちなみに私が購入したのがお盆前。

夏休みとかも高くなりそうでしたが、大丈夫でしたね。

その時でDRV-610の値段が15,244円でしたので、だいたいこの位が標準の相場だと思ってください。

(5月くらいからドラレコの値段をウォッチしていたので間違いないですw)

スポンサードサーチ

 

SDカードの選び方

ドラレコって、ずーっと録画してるので容量がいっぱいになると古いものに上書きするんですよ。つまり、ひたすらデータを書き換えてるんです。

なので、別売のSDカードを購入する場合、データの書き換えに強い『高耐久』を謳っている商品を選びましょう。

 

ビデオカメラ用とか、ドライブレコーダー向けとか書いてあるやつですね。

普通のSDXCカードより高くなりますが、高耐久のものが間違いないでしょう。

(普通のカードで試したわけじゃないので何とも言えませんが・・・)

ただ、メーカーが推奨してる高耐久のSDXCカードって結構高いんですよ。

 

なので私はこちらの並行輸入品にしました。

 

パッケージに監視カメラやらドラレコやらが描かれています。

 

裏面はこんな感じ。

 

英語なのでよく分かりませんが、おそらく「カメラとかドラレコに使うなら絶対にコレを使ったほうが良いぜ!」って書いてあるんだと思います。

 

購入の決め手はSanDiskって有名なメーカーだったこと、レビューもまあまあ良かったこと、とか言いながら一番の理由は安かったことにつきますかね。笑

本当は128MBのSDXCカードを買おうと思ってたんですが、これがまた高いんですよね。。。

よくよく考えてみたら、64GBでも6時間くらいは録画できるので、これで十分かなと。

 

あとはシガーソケットが空いてないのでヒューズボックスから直接取るために、ミニ電源ヒューズと電源ソケットを購入しました。

こういう部品はホームセンターの方が安いんじゃないかな~なんて思ってましたが、アマゾンの方が安いかも。

ご自分で取り付け予定の方は、この辺のパーツもついでに買っちゃったほうが良いと思います。

 

箱を開けるとこんな感じで収まってます

 

付属品

・シガープラグコート(3.5m)

・取付ブラケット

・SDHCカード(16GB)

・CD-ROM(PC用ビューワーソフト)

・取説類

 

まとめ

 

・長時間撮りたい方は、ドラレコの対応メディアの容量をしっかりと確認しましょう。

・SDカードは高耐久の物を選びましょう。

・ドラレコは相場の変動に注意!くれぐれも高値で買わないように!!

・自分で取り付けるなら取付に関する部品もアマゾンで買ったほうが安いかも。

 

今回購入したものはコチラ

 

ケンウッド(KENWOOD) フルハイビジョン ドライブレコーダーDRV-610

15,000円前後だったら買ってOK!

 

【64GB】 SanDisk サンディスク microSDXCカード Class10(海外品)

4,000円前後で買いましょう。

 

楽天だと4,000円以下で売ってました

 

 

電源ソケット&電源取り出しヒューズ

 

 

ヒューズの容量や形状は取付車種によって異なりますので、取り付ける車種のアクセサリー用ヒューズの容量と形状を調べてから購入しましょう!

スポンサードサーチ