スポンサードサーチ

 

結論から言うと、「備えあれば患いなし」ということで、ジャンプスターターを携帯することが一番なのかなって思いますし、そうしました。笑

だって、このモバイルバッテリーよりちょっと大きいくらいのジャンプスターターが、今じゃ3,000円台で買えちゃうんですよ!

いざという時は本当に頼りになるし、USBの出力もついているので普段はスマホを充電したり、いろいろと使い道もあると思います。

 

もうバッテリー上がりは怖くない!TENKER ジャンプスターター

 

サンバーのバッテリー上がりは屋根の下に停めるだけでも改善する!?

 

最近、サンバーディアス(TW-2)に乗る機会がめっきり少なくなって、いざ乗ろうと思うとバッテリーが上がってるってことが多々あったんですよ。

 

で、今まではしばらく乗らなくてヤバそうだなと思ったら充電器を使って少し充電したりしてたんですが、ちょっと油断するとすぐバッテリーが上がっちゃってて。

バッテリーが上がっちゃうと充電器で充電することも出来ないんで、ほかの車からジャンプしてエンジンをかけるしかないし、その後充電したりしてとにかく面倒なんですよね。

 

実はサンバートラック(TT-2)も持ってるんですが、そっちは今までにバッテリーが上がるなんてことは一度もなくて、なんでだろ??ってずっと悩んでたんですよ。

 

仕事中にコインパーキングに駐車してた時にバッテリーが上がっちゃったときもあって、その時は奇跡的に徒歩3分くらいのところにホームセンターがあって助かったなんてこともありました。

 

ホームセンターって古いバッテリーを引き取ってくれるので、上がっちゃったバッテリーを外してホームセンターに持って行って、新しいバッテリーを買って帰ってその場で交換して何事もなかったように帰ったんですが。笑

 

電装系で追加したものはナビくらいしかないし、「もしかしてナビが故障して、微電流が流れ続ちゃってるのかな?」なんて思って、ナビも外したんですが全然関係ありませんでしたね。(^_^;)

 

ちなみに軽トラは屋根付きに駐車してて、ディアスは屋根なしに駐車してたんですよ。

なので、「屋根の有り無しでそんなに違うもんかなぁ~」と、試しに屋根付きに駐車したらだいぶ改善しました^^

とはいえ、油断してると上がっちゃいますけどね。笑

 

というわけで、TENKER ジャンプスターターを購入しました!

 

3,590円でアマゾンで購入しました。

あまりに安いので大丈夫かなとも思いましたが、レビューも200件以上あったし、星の数も4.5と高いんですよ。

 

安いわりに、ちゃんとした包装でした。

 

箱の裏面にはスペックが書いてあります。

スポンサードサーチ

 

開けてたら、これまたしっかりとした包装です。

好感度UP!!笑

 

中身

バッテリー本体、USB-マイクロUSBケーブル、ジャンプスタート用のクリップ、取説

USBケーブルは本体の充電にも使えるし、スマホ等の充電にも使えます。

 

ただACアダプターは入って無いので、自分で用意する必要がありますが、ただのUSB出力アダプターなので、今時だいたいの方は何個か持ってると思います。

 

なんと初期状態で100%充電状態でした!

こういうのって充電してからじゃないと使えないパターンが多いので助かりますね。

たまたまかもしれませんが。笑

 

インターフェース

出力のUSB、入力のマイクロUSBと一番左のカバーがジャンプケーブル用の端子

 

ゴムのカバーをめくると端子が出てきます。

プラスとマイナスの形状が違うので間違う心配もなく安心ですね!

 

取説を見てみると、2.5L以下のガソリンエンジンに対応しているそうです。

デリカD5でも大丈夫みたい。

25%以上の電量が残っていれば動作するみたいです。すごいですね!

 

LEDライトも装備しているので夜間でも安心できます。

 

とりあえず手持ちの100均のビニールケースに入れてみたんですが、ピッタリでした。笑

 

この状態でディアスのグローブボックスに保管しておこうと思います。

使う機会があればまたレビューしますね!

この値段だったら保険だと思って車に常備しておいたほうが良いと思いますよ~^^

 

もうバッテリー上がりは怖くない!TENKER ジャンプスターター

 

スポンサードサーチ