スポンサードサーチ

 

ついに車中泊用マットを買っちゃいました~♪

 

オンリースタイル 車中泊専用マット 標準サイズ

 

今まではテントの中に敷くマットで代用してたんですよ。

ホームセンターとかに売ってるやつ。

 

ただ、これで眠るのは本当にキツイ・・・

朝までに何度も目を覚ますし、起きたら体中が痛いし。

 

次の日のコンディションはもちろん最悪。。。

やはりちゃんとした車中泊用のマットが必要だなと、やっと気付きました。笑

 

で、どうせ買うなら失敗したくないし、ちょっと奮発して高いのを買ったんですが、、、

これが大正解!!

 

車中泊がホント快適になりました。車中泊用マット重要ですね。

もっと早く買えば良かった~。笑

 

というわけで、今回はオンリースタイルの車中泊マットを紹介したいと思います!

 

オンリースタイル車中泊マットの最安値はどこ?

 

ネットでの最安値は楽天の直販ですね。

 

 

オンリースタイル 車中泊専用マット 標準サイズ

 

1枚だと17,280円(税込)

2枚セットだと32,400円(税込)なので1枚当たり16,200円です。

2枚セットは1枚あたり1,000円安くなるので2枚で2,000円お得になります!

 

私もここで2枚セットを購入しました。

ちなみにアマゾンだと17,400円くらいなので大差なかったです。

 

アマゾン商品ページへ
 ↓

オンリースタイル 車中泊専用マット

 

楽天の良いところは、お得な2枚セットの設定があるところと、さらにポイントが付くところですね。

 

アマゾンの良いところは商品の到着が早いのと、気に入らなかった時の返品がしやすいところかな。

まぁ、この位の値段の差ならどちらで買っても良いんじゃないかな。お好みでどうぞ。

 

そうそう、実はネットでは無いんですが、オンリースタイルの車中泊マットを最安値で売っているところがあったんですよ!

 

なんと、15,984円(税込)

 

楽天の直販で2枚セットを購入した時の値段と大差ありませんが、1枚だけ買う場合だと1,300円差になります。

 

で、それは何処かというと・・・

 

高速道路のPA(パーキングエリア)です。笑

 

ちなみに私が見つけたのは、、、

 

茨城県の常磐道上り千代田PA内にあるファミリーマート

 

首都高速の八潮PAのお土産売り場

 

この2か所です。

 

おそらく他にも売ってるところがあると思うので、高速に乗る機会にPAに寄ってみるのも良いかもしれませんね!

 

オンリースタイルの車中泊マットを購入した決めては?

 

車中泊マットって、だいたい2,000円~20,000円位まであるんですよ。

なので、けっこう悩みました。。

 

あまり安いのは最初から買う気はなかったんですが、だからといって高いのもちょっとな~って感じで。

 

というわけで、せいぜい高くても10,000円までかな~って思いながら探してたはずなんですが、、、

実際に買ったマットは1枚当たり16,200円。

だいぶ予算オーバーしちゃいました。笑

 

キャンプ用品で良さげなのがけっこうありましたが、キャンプ用だと微妙に薄くて小さいんですよね。

あと、いろいろ見ていると車中泊としては厚くて大きい方が快適らしいんですよ。

とくに、シートを倒してフラットにさせた場合ですが。

 

オンリースタイルのマットは

長さ 198cm

幅 66cm

厚さ 10cm

と他の商品より厚くて大きかったんです。

 

この大きさだとちょうど敷き詰められて良いかなと。

中途半端な大きさなものを買って後悔するのも嫌ですからね~

 

あとは、レビューの数が2500件以上とハンパなかったのが決め手になりました。

まぁ、レビュー投稿お願い価格なので当然なのかもしれませんが。笑

 

それにしても粗悪品だったら悪いレビューが多くなりますからね。

2,500件以上で星の数も4.5あるなら大丈夫だろうってことで、これに決まました。

 

というわけで、実際にデリカに敷いてみました

 

奥が収納袋に入った車中泊マットで、手前の紺色のやつは寝袋です。

まあまあデカいんですよ。笑

 

袋から出したところ

マット本体と小さいオンリースタイルの袋には枕が入ってます。

 

ちなみに枕はコレ

 

オンリースタイル『車中泊専用まくら』

 

マット用の収納袋に少し余裕があるので、枕も一緒に入れちゃってます。

スポンサードサーチ

 

普段の仕事の時のラゲッジはこんな感じ。

 

4尺と6尺の脚立を積む必要があるので狭いですが、なるべく端の方に固定して寝られるスペースは常にキープしています。笑

 

上にも物を積んでるので狭いっちゃ狭いですが寝るだけなら無問題。

 

では早速敷いてみましょう!

 

まずくるくる巻いてあるマットをくるくると広げます。

リアシートのところが狭いですが寝るだけなら無問題。笑

 

これが空気を入れるバルブ

引っ張って時計と反対方向にひねるとバルブが開き空気が勝手に入ります。

 

バルブはマット上部の左右2か所にあるのでどちらもオープンにします。

 

こんな感じで割とすぐに空気が入ります。

 

ひっくり返したところ

リバーシブルになっているので、黒面でもグレー面でもお好きな方を。

グレー面は軽く起毛になってるので冬とかは良いかもしれませんね。

 

これが枕

バルブは同じ構造になってます。

 

適当なところでバルブを閉めて出来上がり!

 

普段はだいたいこんな感じで寝てます。笑

 

脚立を降ろしてみました

これなら快適なんですが・・・

 

せっかくもう1セットあるので敷いてみましょう!

 

まずは延長足をセットして・・・

 

続いて天板をセットして準備完了!

 

同じように広げます

 

マジックテープで連結出来るようになっているので連結します

 

出来ました!

 

ほんの少しだけ角が当たりますがピッタリです。

大人二人なら十分に寝られますね。

 

うーん、快適♪

 

しまう時に便利なのがこのワンウェイバルブ

これは矢印の方向にしか空気が流れないようになっている逆止弁なんです。

 

しまう時は空気が外に出るようにこの方向でバルブを取り付けます。

 

1枚につき1個のオマケなので、2枚同時購入すれば2個ゲットできます。

 

再びバルブを開放して、グレー面を上にします

 

あとは反対の端っこからくるくるとコンパクトに巻くだけでOK

一人でも簡単にしまえちゃいます。

 

しかし2セットあると結構な荷物ですね。。。

 

まとめ

 

何度か使ってますが、ほんとグッスリ眠れるし体も全く痛くならないので最高です!

もちろん万人に合うとも限りませんけどね。

 

使い心地は快適で何の問題もありませんが、まあまあデカいところと値段が高いってのがネックかな。

その辺をクリアできるならぜひオススメします!

 

最近は外国人の観光客が増えてこともあり、ちょっと前と比べてビジネスホテルの値段もずいぶん高くなりましたよね!

 

直前だと既に満室というケースも多くなり、急な出張だと宿探しに苦労します。。。

 

というわけで、車中泊が一つの選択肢に出来るってホント気が楽なんですよ。

 

とりあえず風呂だけ入れれば、あとは駐車できるところを探すだけで済んじゃうし。

 

スーパー銭湯や健康ランドは駐車場があるところも多いのでそのまま駐車場で休むことも出来るし、道の駅もずいぶんありますからね!

 

備えあれば患いなしということで、直近では車中泊する予定が無くても買っちゃえばいいと思います。

 

たぶん、買っちゃえば車中泊したくなりますから。笑

スポンサードサーチ