スポンサードサーチ

 

自分の部屋のクローゼットに簡易的な棚を作ってみました。

正確に言うと、クローゼットの棚の上に乗せる棚なので、棚の棚ですけどね。

思ってたのと違ってたらごめんなさい。笑

 

DIYで作りましたとか偉そうに言ってますが、誰でも作れるような超カンタンな代物です。

 

なので初心者以外は参考になるところが、、、無いかも。笑

 

しかし、こんなものでも有るのと無いのでは偉い違いなんですよ。

もうこれは絶対みんな作ったほうが良いよ。という結論に至ったので、紹介させていただきます。

 

棚を作る前のクローゼットの状態・・・

 

 

まあまあ高さがあるので、A4サイズのファイルの上にも物を置けたらなと。

 

まぁ、それ以前に見た目も悪いし、、、使い勝手も悪いし。笑

 

ただ、モデムやテレビの分配器が入っている、情報分電盤なるものが棚の横にあるので、フタが開くようにしなきゃですね。

 

天井面に屋根裏点検用の点検口もあるんですよ。

なので、その辺も考慮して作りたいと思います。

 

 

とりあえず、簡単な設計図を書いてみました。

設計図というかラクガキというか、、、笑

 

まぁ、簡易的な棚ですからね。

寸法さえ分かれば良いでしょ^^

 

 

だいたいのイメージは掴めたので、ホームセンターへGO!

おなじみのジョイフル本田 富里店です。笑

 

今回は重いものは載せないつもりなので、15㎜厚のパイン材で作ろうかと思ってるんですよね~

 

ちなみにパイン材というのは北米産の松(マツ)材のこと。

2×4とかもパイン材が多いですが、集成材の色々なサイズの板がホームセンターで売ってます。

 

非常に使い勝手が良く、安くて加工もしやすいので棚にもピッタリなんですよ。

 

今回作る棚は奥行を350㎜にしようと思ってるので、350㎜の板は無いかな~と探してみると、、、

 

ありませんでした。笑

 

ジョイフル本田 富里店でのラインナップは、300㎜、400㎜、450㎜、500㎜・・・って感じ

 

 

350㎜はみごとに飛ばされてましたね。笑

400㎜を切って350㎜にしても良いんだけどなぁ、、、

 

 

けっきょく500㎜の板を使って無駄なく作れそうなプランを思いついちゃいました♪

 

購入したのは、15㎜厚×幅500㎜×長さ900㎜の板が2枚。

1枚2,050円だったので4,100円也。

 

2,000円くらいで出来ないかな~、、、なんて思ってましたが甘かった。。

まぁ、既製品だとピッタリには出来ませんからね。

 

今回は家で組み立てるだけにしたかったので、思いついたままお店でカットしてもらいました。

 

ちなみにワンカット50円

 

 

コレだけのパーツ数だと、さぞかしカットしてるように見えますが、4カットなんです。笑

 

同じ寸法だと2枚の板を重ねてカットしてもらえます。

なので、今回は4カットで200円也。

 

これだけの手間が200円で済むなら安いですよね!

というわけで、寸法があらかじめ決まってる時は、だいたい切ってもらってます。

 

棚づくりに必要な材料と道具は?

 

棚に使う板が全部で7つ

 

 

大きい板×2が天板で、一見同じ大きさに見えますが、、、実は680㎜と700㎜という細かさ。笑

 

そして、小さい板×4枚が高いほうの側板代わりの足で、右下にある板が低いほうの側板になります。

 

 

ビスはスリムのコーススレッド25㎜を使用しました。

板厚が15㎜なので割れにくいスリムを使います。

 

 

インパクトドライバーは、おなじみマキタの10.8Vタイプ

 

これは本当にオススメ!

買って後悔はさせないので、安心してポチって下さい。笑

 

マキタ 充電式インパクトドライバ 10.8V 白

 

バッテリーが小さいので2×4材をバンバン打ったりするのには向きませんが、ちょっとしたDIYにはもってこいなんですよ。

 

小さいボディの割には打ち込む力もけっこう強いです。

 

私はインパクトドライバーを仕事でも使うので、パナソニックの14.4Vも持ってますが、仕事もDIYもほぼコレだけで用が足りちゃいますから。

 

鉄板ビスをバンバン打ち込んだり、長いコーススレッドを打ち込む時はさすがに14.4V以上じゃないとキツイですけどね。

 

まぁ、日曜大工程度ならこれで十分です。

 

 

マキタ 充電式インパクトドライバ 10.8V 白

 

 

レビューの数と星の数を見れば一目瞭然ですが、ほんと良いですよコレ。

 

ちなみに私は意味もなく2台持ってます。笑

もちろん、色違いで白と緑。

でも、さすがに2台は必要ありませんでしたね・・( ̄▽ ̄;)

 

ちなみにスペアバッテリーは、容量が多くて安い社外品も良いですよ!

スポンサードサーチ

 

 

マキタ 10.8V 2.0Ah 互換バッテリー

 

あまり安すぎるのもアレなので、これあたりか良いと思います。

純正は容量が1.3Ahなんですが、これは2.0Ahあるんですよ。

私も使ってますが、やはり純正よりも長持ちする気がしますね。

 

欠点としては、なんと言っても見た目が値段相応というところ。。笑

長持ちして値段も安いんだから仕方ないかな。

 

一長一短あるのでどちらが良いとは言えませんね。

まぁ、スペアバッテリーは必要に応じてって感じで。

ちょっとしたDIYなら1本あれば十分ですから。

 

というわけで、使う材料と道具はコレだけ。

あとは切ってもらった板にビスを打ち込むだけで出来上がりです。

 

作り方の手順

 

 

さっそくビスを打ち込んでいきます。

 

 

 

まずは一番大きな天板に4つの足をつけて、、、

 

 

 

次にもう一つの天板にも側板を取付けます。

 

 

 

こんな感じ。ほぼ完成。笑

 

 

 

そしたら、低いほうの棚の天板を水平にして高いほうの棚の足に印をつけて、、、

 

 

 

更に板厚分逃げたところにも印をつけて、、、

 

 

 

で、この端材を使って桟にしようかと。

捨てようと思っていた端材なので、無駄なく使えて良かった^^

 

 

 

仮固定用の桟なので、ビス2本も打っとけば大丈夫でしょ。

 

 

 

というわけで、これで仮組みできるようになりました。

 

クローゼットの横幅いっぱいに作ったので、セパレートにして中で組み立てます。

 

 

 

さっそく入れてみました!

 

が、なんかキツイ感じ。。。

 

 

 

と思って確認してみたら、既設の棚の回りに巾木みたいなのが打ち付けてありました。。

 

 

 

これじゃキツイはずだ。笑

こっち側は側板が押されちゃってますね。。。

 

そういえば、上からは確認しなかったな~( ̄▽ ̄;)

 

仕方がないので側板の位置をずらしましょう。

 

 

 

この位よければ大丈夫でしょ

 

 

 

ビスを打ちなおして出来上がり。

 

前のビズ穴はどうせ見えないので気にしません!笑

 

 

 

うん、今度はOK

 

 

 

そしたら仮組してある棚板を動かないようにビス止めします。

 

 

 

ズレ止めなので1本ずつでOK

 

 

 

というわけで完成!

 

横にある情報分電盤と天井の点検口も完璧にかわしてます。笑

 

 

 

とりあえず置いてあったものを戻してみました。

 

いや~、だいぶスッキリしましたね^^

 

 

 

そしてこれが余った端材。

 

のちにコレを使って何か作るので、お楽しみに!笑

スポンサードサーチ