スポンサードサーチ

 

うちのサンバートラックは、かれこれ10年近く乗ってます。

が、使用頻度が低いので走行距離は未だに8000キロ程度。

タイヤも減らないので今まで一度も交換したことがありません。

 

しかし、よく見ると、、、

けっこうヒビが入ってました。( ̄▽ ̄;)

そりゃ10年近くも乗ってればヒビも入るよな。。。

 

あまり乗らないとはいえ危ないので、とりあえず家にあるタイヤと交換しとこうかと。

というわけで、サンバートラックのジャッキアップ編をお送りします!

 

車載ジャッキの収納場所とジャッキポイント

 

まずは車載ジャッキの収納場所ですが、

助手席のシートの下というか、背もたれの下というか、そんなところにあります。

 

おもむろにシートと背もたれの間に手を突っ込んで、、、

 

ガバッと持ち上げます

 

すると奥の方にジャッキとハンドルが収納されています

 

ジャッキは突っ張って固定してあるので、少し手で回して緩めると外れます。

 

手前にスライドさせるように外します。

 

外してみました

ハンドルは一本ものなので使いやすそうですね

 

ちなみに袋に入っている車載工具もシート下に収納できるようになっています

 

スポンサードサーチ

タイヤレンチ、スパナ、ドライバーがそれぞれシート下に収まります

真ん中の穴は物入れなんですが、イマイチ使い勝手は悪そう

 

車載ジャッキのジャッキポイント

 

不意にパンクすることもあると思うので、これは覚えておきましょう!

 

フロントはここの出っ張りがジャッキポイントです

 

リヤはここがジャッキポイント

 

ちなみにスペアタイヤは荷台とフレームの間に収まってます

 

フロアジャッキのジャッキアップポイント

 

まずはフロントから

 

フロントはアームの付け根の丈夫な部分になります

サンバーはセミオーバーキャブなので、結構奥の方なんですよ、、、

 

ここがジャッキポイントになります

 

こんな感じでフロアジャッキをかけます

 

続いてリヤ側

 

リヤ側は割と後ろの方にある丸パイプ状のところにかけます

 

この辺りですね

 

こんな感じでジャッキをかけます

 

ジャッキアップ編は以上です

変なところにジャッキをかけないように、くれぐれも気を付けてくださいね!

スポンサードサーチ