スポンサードサーチ

 

新車で購入以降、ずーっとノーマルタイヤを履かせっぱなしのサンバートラックですが、前回の車検までは特に問題なく通ったんですよ。

若干、ひび割れしてるような気もしてたんですが、、、

 

とはいえ、あれから2年近く経ってるので、さすがに今回は変えようかと。

 

っていうか、近場しか乗らないとはいえ危ないですからね。

 

で、せっかく交換するならインチアップしたいなと。

まぁ、太さ的には車検のことを考えると165が無難だと思うんですよ。

 

あとは13インチの70にするか、14インチの65にするかって感じかな。

15インチの60も悪くは無いんですけど、ちょっと高くなっちゃうんですよね~。

 

というわけで、倉庫で眠っていたディアス用のスタッドレス(165/70R13)をとりあえず履かせてみました。

とりあえず12インチから13インチにしてみて、どの位イメージが変わるかなと。

 

まずはジャッキアーップ!

 

 

ジャッキアップポイントについては前回の記事をご参考に

サンバートラック(TT)のジャッキアップポイントと車載ジャッキの場所

 

そして今回交換する165/70R13のタイヤ

とりあえず、余っていたスタッドレスを履かせてみましたが、欲しいのは夏タイヤなんです。笑

 

外したタイヤと比べてみる

一回り大きい感じ

 

太さも20mm違うと見た目もだいぶ違いますね

 

ナットの内側に潤滑スプレーをかけます

 

ちなみに付属のストローみたいなノズルをこの位の長さに切って使うと、、、

 

ギリギリふたが閉まるんです^^

 

このサイズは割高だけど、持ち運びに便利なんだよな~

 

と、ここでナットを取り付けていたら問題が発覚・・・

 

鉄ホイール→アルミホールに交換するときにコレだけは気を付けよう!

 

鉄チン用のナットはテーパー部が浅いんですね~( ̄▽ ̄;)

アルミホイールだとねじ山が半分くらいしか入りませんでした。笑

 

今更なので、とりあえずこのナットで4本とも交換しちゃいました。

さすがに乗りませんでしたけどね。笑

 

スポンサードサーチ

というわけで、さっそくアマゾンで購入(笑)

 

サンバー(スバル)の適合サイズは

 

M12×P1.25

 

になります

 

ちなみにスーパーコンパクトナットってやつにしてみました。

 

サンバーは4穴なので4穴×4本で16個必要になります。

 

スーパーコンパクトというだけあって、コンパクトで収まりが良いです。

っていうか、軽はこれじゃなきゃダメかも。笑

 

鉄チン用のナットと比べるとテーパー部の長さが全然違います

 

ナットの内側に潤滑スプレーをちょっと吹きかけてと

 

う~ん、さすがに鉄チン用のナットとは入り方が全然違う!笑

 

そして全てのナットを交換しました。

 

入り具合もピッタリ!

さすがスーパーコンパクトです。

 

タイヤ交換完了!

 

途中いろいろありましたが、無事タイヤ交換完了しました!笑

しかし、タイヤ交換しただけでイメージ変わりますね~

 

せっかくなので、before→afterも載せときましょう。

 

まずは真横から、、、

 

交換前

 

交換後

 

せっかくなので斜め後ろからも、、、笑

 

交換前

 

交換後

 

いろいろ考えると、このサイズがベストなのかな~って気もしますが、、、

どうせならマッドタイヤを入れたいんですよね。

 

ナンカンFT-9とか、TOYOオープンカントリーとか。

 

ただサイズが限定されてて、FT-9だと165/65R14オープンカントリーだと165/60R15になっちゃうんですよね。。。

 

165/70R13のマッドタイヤがあれば迷うことなく購入するんだけどなぁ~

しばらく悩むことにします。笑

 

スポンサードサーチ