デリカD5(CV5W)ヘッドライトのロービームをHIDからLEDへ交換!
スポンサードサーチ

ついにロービームをHIDからLEDに交換しちゃいました!

バラスト外したり配線替えをしたりと面倒なイメージがあったので、やりたい気持ちはあったんですが今まで敬遠してたんですよね。

HIDのバルブは社外品に交換しているので特に不満もなかったし。

でも先日ヘッドライトを外してみて、意外と簡単にLED化できることに気づいてしまったんですよ。

だったらやるしかないなと。笑

というわけで今回は、ロービームのLED化について詳しく説明します!

 

LEDバルブの種類と必要な工具は?

デリカのロービームは D2S という規格なので、LEDバルブも D2S と書いてあるものを選びましょう

私が購入したLEDバルブはコレ

ちなみに私はアマゾンで購入しました。

 

そして使用する工具や材料は

・クリップ外し
・10㎜の小さいラチェットレンチ
・プラスドライバー
・電工ペンチ
・平型端子(中くらいのサイズ)

くらいかな。

ほぼ手持ちの工具だと思いますが、ヘッドライトを外すために小さいラチェットレンチが欲しいところですね。

 

そうそう、あとバラストを外すと直径36㎜くらいの穴が開いてしまうので、グロメットがあれば用意したほうが良いかも。

大きなホームセンターに行けば売ってると思うんですよね。

なければテープかなにかで塞ぎましょう。

ちなみに私は仮に養生テープで塞ぎました。笑

 

HIDバルブからLEDバルブへの交換方法

ではさっそく始めましょう!

まずはボンネットを開けてグリルを外します。

グリルは上部にクリップが4ヵ所あるので外します。

 

クリップを外したら下側は差し込んであるだけなので、グリル下部を持って上に引き上げればグリルが外れます。

グリルにカメラがある車は配線があるのでコネクターを外せばフリーになります。

 

外し方がよく分からないという方はコチラの記事をどうぞ

【デリカD5】グリルの外し方(マイナーチェンジ前)動画あり

 

次にヘッドライトを外します。

ヘッドライトは片側4ヵ所のビスとコネクターが3つあるので全て外します。

 

上部のビス2ヵ所は外しやすいんですが、グリル側のビスが狭いところにあるので小さいラチェットがあると便利です。

 

 

あとヘッドライトの裏側にあるビスは手探りじゃないと外せないので、コチラの記事で詳しく説明しています。

【デリカD5】ヘッドライトの外し方(マイナーチェンジ前)動画あり

 

ビスとコネクターを外したらヘッドライトを引き抜きます。

下側にHIDのバラストが付いているので上手くかわしながら引き抜いてください。

 

コツをつかめば簡単に外せます。ちなみにこいつがバラスト

 

反対側も同じように外します。

 

ヘッドライトを外したらキズが付かないように下に何か敷いて作業したほうが良いかも。

私はパンチカーペットをテーブルの上に敷いて作業しました。

 

まずはバラストについているコネクターを外しましょう。

 

次にバラストを固定しているビス3本を外します。

 

バラストを外して裏面の配線が出ているグロメットをめくるとコネクターがあります。

 

コネクターを外すとバラストが外せます。

 

バルブ裏のフタを開けるとバラストのハーネスが1本アースしてあるのでビスを外して配線を取外します。

 

これでハーネス類も全て外れました。

 

では購入したLEDバルブを開けてみましょう!

NOVSIGHTというメーカーの D2Sバルブ です。

箱を開けると綿の手袋が入ってました。

これは初めてだなぁ・・でも親切ですよね!笑

 

せっかくなので装着します

 

これが今回交換するLEDバルブです。

アルミ筐体でしっかりとした作りでした。

 

配線にはオスの平型端子がついています。

いつも使ってるのより一回り小さいっぽい気がします。

大中小で言うと 中 って感じかな。

 

スポンサードサーチ

これをバラストにつながっていた電源線とつなぐので、本体側のコネクターは切り離してメスの平型端子を圧着します。

 

配線を束ねている黒いテープを少しはがして、コネクター側の配線にも余長を残して切ります。

 

バラストを戻してHIDに戻す可能性もあるのでコネクターは使えるようにしておきたいなと。

 

配線を切ったらヘッドライト本体の配線にメスの平型端子を圧着します。

 

配線が出来たらHIDバルブを外します。

 

ばねを内側に倒してバルブを引き抜きます。

 

HIDバルブを抜いたら次にLEDバルブを入れるんですが、先に電源部を中に入れてバラストの穴から一度取り出します。

 

次にLEDバルブを取付けます。

 

外した時と逆の要領で取付けましょう

 

バルブの取り付け方はコチラの記事でも詳しく説明しています。

【 デリカD5 】ヘッドライトが暗いのでロービームのHIDバーナー(バルブ)を交換してみた

 

バルブを取付けたら平型端子を接続します。

赤と黒がありますが色通りに差し込みましょう。

 

これで取付け自体はほぼ完成です!

 

平型端子の接続部には念のためハーネステープを巻いておきました。

 

そしてグロメットの穴は養生テープで仮固定です。笑

 

隙間があると結露の原因になる可能性もあるので、仮固定ですがしっかりと貼り付けました。

ちなみにLEDバルブの電源ユニットはヘッドライトの中に押し込んであります!

 

バルブ裏のキャップを締めたら出来上がり!

 

あとでやるのも面倒なのでコネクター側にもオスの平型端子を圧着しときました。

 

バラストに取付て保管しておきましょう。

 

反対側も同じように作業します。

 

しっかりと養生をしてLEDバルブの取付は完了です!

 

あとは取外した要領でヘッドライトを車体に取付けます。

 

というわけで作業完了!早速点灯してみました。

さすがLEDですね~写真では伝わりませんが、点灯がキレッキレになりました。

色味は前に交換したHIDバルブも白かったので、ほぼ変わらないと思いますが・・

ほんの少し黄色っぽくなった気もします。笑

 

HIDバルブとLEDバルブの比較

では実際にほぼ同じ場所で明るさを比較してみましょう!

上 HIDバルブ  下 LEDバルブ

激変というほどではありませんが、明らかにLEDバルブの方が明るくなり実際に見やすくなりました。

運転してみると手前の方がワイドにくっきりと明るくなった感じがします。

やはり比較してみると少し黄色っぽくなってますね~

同じ6500Kのはずなんだけどなぁ・・笑

前のバルブが少し青白かったということにしておきましょう。

 

というわけで個人的には満足しましたが、明るいHIDバルブからわざわざ替えるほどではないかもしれません。

たしかに明るくなりますが、ほぼ自己満足かなと。

とはいえキレッキレのLEDバルブは自己満足度も高いんですけどね!笑

ノーマルのHIDバルブから替えるなら何もかも激変するので、HIDバルブより安いしオススメですね!

ただ耐久性については不明なので、その辺はまた追記していきたいと思います。

スポンサードサーチ