スポンサードサーチ


 

何だか知らないけど、サンバーディアス(TW)のバッテリーが上がりやすいんですよね~。

2週間くらい乗らないと上がっちゃうんじゃないかな。。。

 

同じような症状をググってもあまりヒットしないし、、、

って、もしかしてウチのだけ!?Σ( ̄ロ ̄lll)

 

これがまた、サンバートラックは乗らなくても全然へっちゃらなんですよ。

10年近く乗ってるけど、バッテリーを交換したのは1回だけ。

でもバッテリーが上がったことは一度もないし、いったい何が違うんだろ。。。

 

まぁ、最近は屋根の下に駐車するようにしたので前よりは上がりにくくなりましたけどね。

とは言っても、ついこの前もバッテリーが上がっちゃってジャンプスターターでエンジンをかけたんですよ。笑

 

 

ジャンプスターターの記事

サンバー(TW2)バッテリー上がり対策 激安ジャンプスターターでエンジン始動してみた

 

バッテリーが上がるたびに、日ごろからちゃんと充電しとかなきゃな~って思うんですが、サンバーバンやディアスってバッテリーの位置がイマイチなんですよね。

いちいち助手席を跳ね上げるのがホント面倒で。

何か良いものはないかと、探すこと数年、、、

ついに長年の悩みを解消できそうなものを見つけちゃいました!

というわけで今回は「ついに長年の煩わしさを解消!?いちいち助手席を跳ね上げなくてもバッテリーを充電できる方法」を紹介します。

 

で、そのオススメのバッテリー充電器ってのが

 

 

CTEK シーテック バッテリーチャージャー MXS5.0

 

です!

 

詳細はコチラの記事をどうぞ

車用バッテリー充電器のおすすめは「 CTEK シーテック MXS5.0JP 」小型で扱いやすく、オプションも秀逸!!

 

というわけで、今回は付属品の「6mm穴コネクター」をサンバーに取り付けて楽々充電できるようにしたいと思います。

 

スポンサードサーチ

付属品の6㎜穴コネクター

 

これをバッテリーに端子を付けてコネクター部を出しておけば、いちいち助手席を跳ね上げなくてもバッテリーが充電できちゃうという素晴らしい商品です!笑

 

ネジ部が長いので、ここに適当なM6ナットを追加して取付けようかなと。

 

こんな感じで簡単に取付け完了!

M6のナットは家にあったものを使いました。

 

フタの隙間からコネクターを出します

 

助手席とカーペットを戻したところ

これなら邪魔にはならなそうですね

 

さっそく充電してみますか

コネクターをさすだけなのでホント誰でも簡単に充電出来ちゃいます!

 

コネクターをつないで充電スタート!

 

充電完了!

 

いや~、ディアスがこんなに簡単に充電できるようになるとは、、、

もっと早く知りたかったな。笑

 

まぁ、毎日乗るような車だったら、わざわざバッテリーを充電することも無いんですけどね。

ちょい乗りばかりだったり、たまにしか乗らない方は、定期的に充電することによってバッテリーの持ちも良くなるんじゃないかな。

 

というわけで、サンバーバンやディアスのバッテリー上がりで悩んでいる方にオススメします!

今度はハイエースに取付けようかな~。

スポンサードサーチ